キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 うちわの扇ぎ方 : うちわ基礎知識局

うちわの扇ぎ方

うちわ基礎知識局

あまり知られていませんが、うちわの扇ぎ方にもマナーがあります。

うちわの扇ぎ方

何気なく使っているうちわですが、実はうちわの扇ぎ方にもマナーがあるということ、ご存知でしたか?うちわを扇ぐ時は、顔の下の方で扇ぐというのがマナーということだそうです。

これは、自分の扇いだ風によって、隣の人や先方に不快な思いをさせないための配慮ということなのだそうです。

うちわの絵を持って、右の太もも上ぐらいで静かに動かすのが、きれいなうちわの動かし方ともいわれています。

これは、なんと正義作法全集にもきちんと記載されていることなのです。

昭和13年(1938年)に出版された礼儀作法全集によると、上のような使い方が記載されているのはもちろん、目下の者は目上の方の前では使わないのが礼儀とされているそうです。

電車の中など、近くの人がうちわを使って扇いでいると、つい自分の方にも風が来て涼しくならないかななんて思ってしまいがちですが、これはマナーとしてはちょっと見苦しいということなのですね。

特に女性は、こうした何気ないうちわのマナーを知っていると、立ち居振る舞いがきれいになっていいですね。

うちわを扇ぐ時といったら、浴衣や着物を着ている時もあるでしょうが、そういったときに上品にうちわを扇いだら、より夏の女性として綺麗に見えることでしょう。

コメント募集中

名前

コメント

Copyright (C) www.triune-ent.com. All Rights Reserved.

うちわ基礎知識局